足がこふきいもみたいになる乾燥肌

昔は自分が乾燥肌だなんて思ったこともなかったのに、20代半ばくらいからいきなり乾燥肌になりました・・・

20代前半までは、冬でも洗顔後に化粧水+乳液をさっと塗るくらいでなんともなかったんです。
それが、やっぱりお肌の曲がり角を迎えちゃったんでしょうか。

おでことか鼻の下とかがかさかさになってきて、めちゃくちゃショックでした。
でも何よりも一番ショックだったのは、冬場に黒いタイツを脱いでいるときに、すねの当たりから、粉がふわっと舞ったことです。

わたしの足がまるで、こふきいも状態でした・・・。

そんな状態になってから、ちゃんと保湿しないとやばいぞと思い始め、(もっと早くに気付けよって感じなんですが。)化粧品の見直しをしました。

私はあまりにおいのきつい化粧品は苦手なのと、あまりお金もたくさんは使えないので、コスパが良くて効果が高いものを探しました。

色々試してみた中で一番良かったものは・・・

*化粧水
ナチュリエ/ハトムギ化粧水 スキンコンディショナー
500mlで650円くらい。
めっちゃでかい!
全身にばしゃばしゃ使えます!笑

参考:乾燥肌の化粧水ランキングなび【30代からの肌ケア対策】

*乳液
無印/乳液・敏感肌用・高保湿タイプ
200mlで750円くらい。
成分がよさそうな無印という安心感。
高保湿以外もさっぱり系もあるので、季節によって使い分けもできます。

自分に合った化粧品を探すのは大変だけど、いいものに巡り合えるとうれしいですね。

実は夏こそこわい乾燥肌

乾燥肌・・というと、冬のイメージがありますね。大気が乾燥して冷たい風が吹く冬は、まさしく「乾燥肌」の季節ですが、「夏」こそ要注意です。

夏は、当然紫外線が強くて、真皮まで到達して、肌の弾力を保ってくれるコラーゲン繊維を破壊していきます。また、夏は肌の露出が多い服を着ますので、より紫外線の影響をうけてしまいます。

また、外出先で汗をたくさんかいて、室内のエアコンでどんどん汗が渇いてしまい、必要な皮脂までも奪われて乾燥肌になってしまうのです。こわ〜い!

おまけに、エアコンの吹き出し口の下にいたりしたら大変です。風に直接あたるとますますお肌の水分が奪われていきます。扇風機の風も危ないです。

そして、おふろで、ナイロンタオルなどで、ゴシゴシ力強く洗ってしまうと大切な皮脂が必要以上に洗い流されてしまい各層を傷つけて、大切なお肌のバリアがなくなってしまいます。

すると、皮膚の表面に白くて細かいフケのようなものがついて粉が吹いたようになりますよね。これは、天然のクリームがなくなって角層が破壊されてしまった状態です。

外部の刺激を受けやすくなったお肌を守るためには保湿してあげなければいけません。特に乾燥しやすい、額、頬、目じりなどを重点的に保湿してあげましょう。

乾燥肌は洗顔にも気をつけましょう

社会人になり、常にメイクする必要が出てきた頃から肌荒れが加速してしまった私。
粉をふいた状態でメイクしても毛羽立ってしまうし、なかなか自分に合う化粧品も見つからず、化粧水すらつけらないという状態が続いていました。

乾燥肌を化粧品でどうこうするのは無理そうだし、食事に気をつけていたとしてもさほど効果は感じられません。どうしようかと考えた時に思いついたのが、毎日の洗顔でした。

今思うと乾燥肌=セラミドが不足してバリア機能が衰えていたんでしょうね。大人ニキビにも悩まされていたので、できるだけ肌を刺激せず、汚れは落としつつも肌の潤いを残すにはどうしたらいいか方法を探りました。

自分の経験から、ポイントは洗顔料云々より泡立て方です。さっと水で顔を流した後、片手を受け皿替わりにしてもう片方の手でかき混ぜながら泡立てます。生クリームの泡立てのようなイメージです。後は水を加えながらふわふわの泡を作ります。水が足りていないとうまく泡ができないんです。

それから洗顔のしすぎも良くないみたいなので、私は洗顔料で洗うのは夜だけにしています。
泡立て方、洗顔の回数を減らしたことで随分肌の感触が変わったように感じています。まだ粉をふくのは治っていませんが、乾燥肌の人は洗顔にも気をつけた方がいいと思いますよ。

体もお肌も水分補給が肝心です。

若い時は脂性でにきびも多くとても悩んだものです。
それがいつからだったでしょうか、
子供を出産した後だということは確かなのですが、
お肌の乾燥がとてもひどくなりました。

冬場なら乾燥が原因かと思うのですが
夏場も洗顔後はつっぱるし何だか潤いがないのです。
それが年々ひどくなるように思います。

やはり年齢のせいもありますよね・・・。

お化粧をしても粉をふくというんでしょうか、全然ノリが悪くて、
化粧をしない方がよいのではと思ってしまうぐらいカサカサでした。

当然シワも深く刻まれて年齢より年に見えているようで憂鬱・・・。

このままだと人前に出るのが本当に嫌になりそうだったので、
インターネットでお肌について調べることにしました。

乾燥に良さそうな商品はどれも高価なものばかりです。
実際購入して使用してみても、効果が出るとは限りませんしね。

購入はひとまず考えずに、
お肌のメカニズムというか仕組みについて情報を読んでみることにしました。

色々と勉強になったこともありました。
化粧水を塗っても一回だけだとお肌に浸透しないため
4,5回は繰り返し塗る方が良いこと。

皮膚科の先生のお話しだと
空気が乾燥する冬場は、
マスクをつけると保湿になって良いということ。

後はやはり栄養を取ることもとても大事だということ。

そんなこんなで悩み続けた現在の私はというと、
乾燥肌は今も継続中です・・・。

ちょっぴり高い美容液(導入液)を購入して、気になる部分に塗った後に、
とても安いクリーム(薬局などで普通に売っているもの)を肌に薄くのばして
どうにか難を逃れています。

そして同世代の友人と情報を交換して
少しでもお肌をいたわれるように努力し続けている毎日です。

これで撃退!夏の乾燥肌対策。

最近は暑いですね! セミがみんみん鳴いてる中、私はと言うと、毛穴から汗が。
それも私の場合、テカリで出てくるんです・・泣 
 
自分が乾燥肌って知ったのは忘れもしないこの季節。 最初は、テカリの要因で、自分はオイリー肌だと思っていました。 あぶらとり紙は通年通して必須ですし。 しかし、冬はお風呂上がりにタオルで肌を吹くと、粉が舞う。 特に顔まわりがすごいのなんのって。 何故自分はオイリーなのに、こんなに肌の調子がおかしいんだ?と、知人に肌の相談をした時、教えてもらったのが乾燥肌の存在。

あぶらがすごいし、まさか自分がと思っていたのですが、乾燥肌の特徴に、まあ当てはまる・・。
そんな訳で自分の肌の新しい発見をしたのがこの季節でもありました。

夏は肌の露出も多くなりますし、汗で化粧もくずれたりする・・。
紫外線もあるし、肌にはあまりよくない環境なんですよね。
そんな中で、肌に優しく!肌の調子とトラブル回避の為にしている対策を紹介します!
その名も・・『ベビーパウダーをパタパタ!』

・・そのまんまですね・・。 ですが、これがまた良いんです。
使い方は簡単で、肌にベビーパウダーをつけるだけ。 特に顔なんかは女性でしたら化粧をすると思いますが、ファンデーションを塗る前でも後でも、うっすりとつけるだけで良いんです。

成分自体は赤ちゃんにも使えるから優しいし、なんてったってサラサラなので、肌への違和感がない。
それに汗が出てもパウダーが優しく吸収してくれますし、心なしか良い匂いがする・・。
人工フェロモンでしょうか。

そして、乾燥肌にとって水分を失うどころか、きちんとパウダーによって閉じ込めてくれるので、
粉もそうですし、オイリーも目立たなくなりました。

多分、生涯放せなくなりそうです。
この夏も、サラサラ肌で、いれますように・・!